2018年10月10日

2018年10月の害虫予報

皆さんこんにちは。インターネット委員の芝生です。
大型台風が毎週到来するなど、今までとは違った9月でした。
大型台風が発生すると、気温差が発生し、ネズミが危機を感じ、
家屋に浸入してくる事が増えます。
変な物音が聞こえる時はご注意下さい。


10月に多い一般家庭から寄せられる相談は
カメムシ、コバエ、クロアリ、クロゴキブリ、ダニ、ネズミが多くなっています。


公益社団法人神奈川県PCO協会では
「害虫110番」という相談窓口を開設しています。
害虫・ハチ・ネズミ等が出て困る。
木材が腐食してシロアリがいる。
羽アリがたくさん出た。
害虫等で困っているので、専門家に相談したい。
自分で駆除したいが方法が分からない。
等のご相談にご対応しております。
お気軽にお問い合わせください。
専門スタッフが親切丁寧にご説明致します。

●受付時間
平日(月〜金) 9:00〜17:00
土曜(第1,第3) 9:00〜12:00
●お問い合わせ先:0120-064-643
posted by 神奈川県ペストコントロール協会 at 11:10| 神奈川 ☁| 話題の害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の飲食店は衛生検査制度が義務化されている。

こんにちは、インターネット委員会の芝生です。
この度中国深セン市に出張する機会があったので、街を散策してきました。
深センは中国のシリコンバレーとも呼ばれる経済特区で、IT産業で急成長した市です。
ビルや商業施設の建造ラッシュで、中国の景気の良さを感じさせられました。
さて、今回ご紹介するのは中国の飲食店の衛生検査制度です。
中国には衛生的ではないお店もありますが、衛生的なお店も沢山あります。

中国の飲食店(正規営業届けを提出している店)は、中国食品医薬品局(CFDA)による
衛生チェックが義務付けられており、その結果を店頭に掲示する事が義務付けられています。
飲食店の衛生検査証.png
今回訪問したお店は「B級Good」でした。店内は清掃が行き届いており、
食器に汚れなども一切ついていません。
当制度はアメリカで既に実施されているおり、中国も見習って義務化されたようです。
このような制度がある事で、私達のような観光客も安心して食事をすることが出来ます。
中国旅行の際は是非このマークを参考にお店を選んで下さい。

※深セン市は経済特区だった為、CFDAではなく深セン市の税関が
食品の衛生チェックを行っています。
他市の場合はそれぞれの市の食品医薬品局(FDA)が管轄となります。

以上です。
posted by 神奈川県ペストコントロール協会 at 11:04| 神奈川 ☁| 話題の害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京オリンピック・パラリンピック再び!

こんにちは理事の山川朗です。

東京オリンピックまであと2年ですね〜!!!
よ〜く考えてみると、日本のペストコントロールは1964年の
東京オリンピック・パラリンピックで事業形態として世の中に台頭したのを
皆さんはご存知でしょうか?

当時の日本の公衆衛生状況は、欧米諸国に比べて極めて劣っており、
政府はオリンピックを東京に迎えるために公衆衛生管理の強化を図りました。
その強化対策のひとつとしてペストコントロールが組み込まれたのです。

これを契機に日本のペストコントロールは事業形態として世の中に台頭し、
現在まで発展して参りました。現在の我々ペストコントロールビジネスは、
この当時の第一世代の大先輩の方々のお蔭で存在しているということは
言うまでもありません。

1964年の東京オリンピック・パラリンピックから半世紀の時を経て、
今再び東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

蚊の媒介によるデング熱の感染防止や、食中毒の防止など、世界各国で健康や食の
安全性の確保が問われている今日、我々第二、第三世代のPCOがペストコントロール
の重要性を再び世の中に発信して行くべき時が来ています。

日本のペストコントロールを切り開いた先輩方のご恩に報いる為にも、
我々は東京オリンピック・パラリンピックへの
ペストコントロール支援への参加を何としてでもは実現しなければなりません。

我々協会員が一丸となり、様ざまな角度から関係各所へアプローチを
するべき時と考えております。
posted by 神奈川県ペストコントロール協会 at 10:52| 神奈川 ☁| 話題の害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする