2018年06月14日

皆さん、こんにちは。インターネット委員の井上です。

暑い時期となり、スズメバチの巣の駆除の依頼も増えてきました。巣のサイズはまだ小さいものがほとんどですが、これらを放置しておくと、秋にかけてますます大きくなり、危険度も駆除難易度も駆除費用も増大することとなります。放置しておくことはリスクでしかなく、出来る限り、小さいサイズのうちに対処することが望ましいです。蜂シーズンは頻繁に建物の外周や植込みなどを見回って早期発見&早期駆除依頼に努めることをお勧めします。

蜂が巣を作りやすい場所は「雨風を凌げる場所」、「比較的、人気が少ないところ」となります。それらを意識しながら点検すると、案外簡単に見つかるかもしれませんね。

ちなみに蜂の巣の駆除のご依頼時には近隣の方から指摘されたというコメントも多々あります。リビングやベランダから近隣の外壁などを眺める時間と、自宅の外周を見て回る時間・・・、確かに他の方の建物を眺める機会の方が多いように感じます。。。

駆除のご依頼の際にはこちらまでお問い合わせください。

■公益社団法人神奈川県PCO協会では
「害虫110番」という相談窓口を開設しています。
害虫・ハチ・ネズミ等が出て困る。
木材が腐食してシロアリがいる。
羽アリがたくさん出た。
害虫等で困っているので、専門家に相談したい。
自分で駆除したいが方法が分からない。
等のご相談にご対応しております。
お気軽にお問い合わせください。
専門スタッフが親切丁寧にご説明致します。

●受付時間
平日(月〜金) 9:00〜17:00
土曜(第1,第3) 9:00〜12:00
●お問い合わせ先:0120-064-643
posted by 神奈川県ペストコントロール協会 at 16:39| 神奈川 ☁| 話題の害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする