2018年02月08日

2018年2月の害虫予報

インターネット委員の芝生です。

寒い日が続き、日本海側では大雪が続いていますね。
早く暖かくなって欲しいと願う日々が続いています。
しかし、暖かくなると虫や獣の活動が活発になってしまうという面もあります。
人が住みやすいというのは虫や獣も住みやすいということになります。

2月に多い一般家庭から寄せられる相談は「ネズミ」が特に多くなっております。

北海道の住宅では断熱材が100mmの物を使用し、気密性を高くして暖かい家にしていますが
最近は本州でも高気密の家が増えています。気密性が高いと過ごしやすく快適ですし
虫やネズミなどの侵入も減らすことができます。しかし、油断する事はできません。
高気密の家は老朽化してきた際に害虫の侵入を許してしまうことがあり
侵入した虫にとっては、暖かく外敵から身を守る要塞となります。
虫や獣にとって必ずという事はないという事をご理解いただければと思います。


神奈川県PCO協会では
「害虫110番」という相談窓口を開設しています。
害虫・ハチ・ネズミ等が出て困る。木材が腐食してシロアリがいる。
羽アリがたくさん出た。害虫等で困っているので、専門家に相談したい。
自分で駆除したいが方法が分からない。等のご相談にご対応しております。
お気軽にお問い合わせください。
専門スタッフが親切丁寧にご説明致します。

ホームページにも相談が多い虫の情報を掲載していますので、ぜひご一読下さい
http://www.kanagawa-pco.com/

●受付時間(協会事務局)
平日(月〜金) 9:00〜17:00、土曜(第1,第3) 9:00〜12:00
●お問い合わせ先:0120-064-643
posted by 神奈川県ペストコントロール協会 at 14:46| 神奈川 ☀| 話題の害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする